インフォメーション
>責任あるギャンブル
責任あるギャンブル

責任あるギャンブル

オンラインカジノで遊ぶことは、楽しいエンターテイメントであり、時にはお金を勝ち得ることもあるでしょう。ただし、毎回勝つとは限りません。負けてしまうことはギャンブルの常であり、これを避けることはできません。ですから、責任あるプレイをし、許容範囲を超えたお金を賭けないようにすることが必要です。チェリーカジノは、勝っても負けても、各プレイヤー様にポジティブで楽しい経験をご提供したいと思っています。

責任あるギャンブルをするためには、どの時点でプレイをストップするかを見極めることが重要です。チェリーカジノでは、様々なツールをご用意し、お客様に度々フィードバックをお伝えすることで、各プレイヤー様がご自分のギャンブルの傾向を見極め、ギャンブルをコントロール出来るようサポートさせていただきます。

ギャンブルをコントロールする

18歳以上

18歳未満の方が、チェリーカジノでアカウントを開設したり、ギャンブル行為をすることは違法となります。チェリーカジノは、すべてのプレイヤー様に身分証明書の提出を求める権利があり、年齢確認のための十分な証明書類が提出されるまで、アカウントを停止する権利を有します。

責任あるギャンブルとは

チェリーカジノは、プレイヤーの皆様が、個人個人の許容範囲の中でギャンブルを楽しくプレイしていただけるよう最大限のサポートをしていく所存です。責任あるギャンブルをしていただくため、以下について留意してプレイしてください。

- プレイヤー様個人個人がプレイできる総額のリミットを設定、その限度を超えないようにしましょう。
- お金を稼ぐためではなく、楽しむためにプレイしましょう。
- 素面で意識がハッキリとクリアな時にだけプレイしましょう。
- 定期的に休憩を取りましょう。
- ギャンブルをしている時に、ネガティブで憂鬱、または不安な気分が続くようになったら、一旦プレイをやめて、チェリーカジノがご用意しているツールを利用してプレイを制限しましょう。

チェリーカジノがご提供しているツール

チェリーカジノでは、プレイヤーの皆様が、計画的にギャンブルをプレイするための様々なツールをご用意しています。プレイした金額を常にチェックすることをお薦めしており、マイアカウントの中の取引明細から簡単に確認することができます。また、アカウント設定→責任あるギャンブル→リスクレベルをご覧いただくと、プレイ履歴を分析したデータを元に、各プレイヤーのギャンブルの傾向と安全性を見ることができます。これにより許容範囲を超えてしまったことに気付くことができます。

また、ギャンブルのバジェットを守るために、アカウントリミットを設定することもお薦めします。どなたでもプレイを始める前に入金額を制限することができ、一日、一週間または一ヶ月での上限額を設定できます。この上限はご自分の予算に合わせた額で設定するようにしましょう。この額を変更する場合は、アカウント設定→責任あるギャンブル→アカウントリミットから変更できます。減額する場合はすぐに反映されますが、増額する場合は72時間ほど経ってから反映となります。更に詳しいオプション設定についてはFAQ→公正なプレイをご覧ください。

ギャンブルをストップするべきタイミング

ギャンブルからしばらく距離を置きたいと感じたプレイヤーの方は、マイアカウントの中で、しばらくの間ログインできないよう設定することができます。期間は、24時間、7日間、1ヶ月、半年間または1年間から選択できます。これ以外の期間で設定したい場合や、アカウントを閉じたい場合は、いつでもカスタマーサポートにご連絡ください。日本人のサポートエージェントがご対応させていただきます。

ギャンブル依存症になっているかどうか

ギャンブル依存症になっているかどうかを自覚することは簡単ではないでしょう。しかし、その危険性を示すサインがいくつかありますのでご紹介します。

- 自分で予定したよりも長くプレイを続けてしまうことがある。
- ギャンブルが仕事をはじめとする社会生活になんらかの悪影響を及ぼしている。
- ギャンブルする時間を減らそうとしたり、止めようとしたができなかったことがある。
- 家族や友達にギャンブルをしていることを隠そうとしたり、嘘をついたりしたことがある。
- 大勝ちすることで、自分の抱えてる問題が解決すると思っている。

ギャンブルが自分の生活に悪影響を及ぼしているかどうか確かめるために、以下のサイトから自己診断テストを受けることをお薦めします。

ギャンブル依存症自己診断(SOGSテスト) (サウスオークス・ギャンブリング・スクリーン)は、アメリカのサウスオークス財団がギャンブル依存症の診断のために開発した質問表です。

ギャンブル依存症になってしまったら

ギャンブル依存症なってしまったと思ったら、まず最初にギャンブルができない環境を作りましょう。責任あるギャンブルのページへいくか、カスタマーサポートへご連絡いただくことで、簡単に自己規制をすることができます。自己規制を設定すると、仮に誘惑に負けて再度ギャンブルをしようとしても、ログインすることができないため、ギャンブルから距離を置くことができるでしょう。また、自己規制の機関中は、キャンペーンメールを受け取ることもありません。

また、BetfilterGambanといったソフトを利用することで、ご自身のコンピューターやスマホなどのデバイスからギャンブルサイトへのアクセスをブロックすることもお勧めします。

ギャンブル依存症をサポートする団体

ギャンブル依存症をひとりで克服するのは、時に苦難を伴うかもしれません。チェリーカジノでは、ギャンブル依存症克服をサポートする専門機関に連絡することをお勧めします。以下の機関は、プライバシーを守りながら無料でサポートを提供しています。

ギャンブル依存症問題を考える会

ギャンブル依存症予防回復支援センター

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)

グレイス・ロード

保護者の指導

お子様とコンピューターをシェアしていませんか?アカウント情報とパスワードは、お子様に絶対知られないようにしておきましょう。お子様をオンラインのギャンブルから守る無料のソフトNet NannyCYBERsitterもダウンロードすることができます。ご質問があれば、チェリーカジノのカスタマーサポートにいつでもご連絡ください。日本人のサポートエージェントが、サイトを安全にご利用いただくための質問にお応えいたします。

家族や友達がギャンブル依存症になってしまったら

許容範囲を超えたギャンブルは、本人だけでなく、その家族や友達にも悪影響を及ぼすことがあります。もし、家族、親戚や友達にギャンブル依存症の傾向があると思ったら、双方のために、支援団体に助けを求めることをお勧めします。チェリーカジノのカスタマーサポートでも、日本人のサポートエージェントがご相談をお受けします。

全国ギャンブル依存症家族の会

ギャンブル依存ファミリーセンター ホープヒル

ワンネスグループ

アスク(ASK)